カードローン審査時間が短くなっている理由と審査が短いデメリット!

審査時間は短くなった

新たにカードローンを申し込もうとするときには貸し付け業者の選択も重要になって来るでしょう。その業者選択のときには金利の低さや貸付金額の多さに加え、カードローンの審査時間も考慮するのではないでしょうか。今では貸し付ける企業が銀行であるか、消費者金融であるかに限らず審査時間の短い業者も多く存在します。

審査時間の短い企業が多くなってきているその理由として最も大きいものはその申し込み方法の変化によるところが大きいと言えるでしょう。もちろん過去にも行われていたように紙に手書きで申し込み時の必要事項を記入して申し込むと言う方法もあります。しかし申し込みの多くは紙をベースとした申し込みからインターネットなどのデジタル技術を中心にした申し込み方法に変化してきています。

審査が短くなることは大きなメリット

インターネットの普及によって申し込みの際の情報が以前よりも迅速に貸付業者の元に届くようになりました。これに加えて銀行の審査も、消費者金融の審査も、可能な限り早く行われるようになってきました。もちろんこれは利用者側の希望でもあり、最終的にこの「審査が早い」ということは企業側、利用者側双方にとって大きなメリットを享受することができるのです。

短い審査時間にはデメリットもある

では審査時間が短いと言うことについてデメリットはないのでしょうか。これも双方に少なからずあると言われています。企業側は審査の時間が短いと言うことを売りにすることでその遂行能力を高めなければなりません。書類に不備があった場合に審査が予定よりも遅れることや必ずしも審査が予定通り行われるとは限らないと言うことを前もって利用者側に説明しておく必要が出て来ました。

審査が早いと言うことを売りにしている以上、いくら利用者側で書類の記入に間違いがあった場合でもできるだけ迅速に処理を行う必要があります。今までのオペレーションに加えその速度を高めることを求めるのであれば結果的に見落としなどのミスも増加します。そのチェックを増やすと言うことも加え確実な処理を迅速に行うと言うことが必要が新たに発生してくることは容易に想像できるでしょう。

利用者側にもデメリットは存在します。いくら遅れる場合があると言われていたとしても審査が早いことを理由にその企業を選ぶということはお金の必要性が緊急であることを表しています。急な出費に対応する必要があり貸付までが短い商品を選んだにも関わらず資金が思ったよりも遅いタイミングで着金すれば信用を失うことにもなりかねません。このようなことを避けるためには企業側と同様に確実な情報の提供が必要にななります。

もちろん、最終的に予定していたよりも資金の到着が遅れるようなことになれば提供元にクレームを述べることになるでしょう。仮に100%提供する企業側の過失であり、そこで何らかの保証が発生すると仮定したとしても失った信用は取り戻すことが出来ない場合があります。仮に怒りを企業側にぶつけたとしても遅れた原因が情報の入力不備など他の理由であれば振り上げた拳を下ろす先も無い状態になります。

必要なのは「余裕」

今では午前中に申し込めば午後には着金するような速度でカードローンを提供している企業も有ります。しかしこれは確実なものではないということを認識した上で余裕を持って手続きを行うことが何よりも重要なことと言えるのではないでしょうか。

閉じる